中野りなさん 世界で活躍するヴァイオリニスト『題名のない音楽会』出演

中野りなさん 世界で活躍するヴァイオリニスト プロフィールは?

名前 中野 りな
出身 東京都
学歴 桐朋女子高等学校音楽科2年(2022年3月現在)

3歳よりヴァイオリンを始め、8歳で桐朋学園大学音楽部附属子供のための音楽教室仙川教室入室、森川ちひろ氏に師事。2014年、第68回全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第1位及び津田梅子記念音楽賞受賞。同コンクール全国大会第2位。
2015年、「若いヴァイオリニストのためのアルテュール・グリュミオー国際コンクール2015」(ベルギー・ナミュール)カテゴリーA第1位・グランプリ。同年、「題名のない音楽会~未来の大器~」に出演、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。さらにN響メンバーを中心とするオーケストラとも共演。
2015年より毎夏Mozarteum University(オーストリア・ザルツブルク)にて開催されるInternational Summer Academyに参加。Paul Roczek氏に師事。
2018年、第72回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会優勝。合わせて 兎束賞、東儀賞、かんぽ生命奨励賞、サントリー芸術財団名器特別賞受賞。2019年2月より3年間、Gennaro Gagliano 1774の無償貸与を受ける。
2019年、「第3回若い音楽家のためのモーツァルトコンクール」(中国・珠海市)カテゴリーB優勝。合わせてYoung Jury特別賞受賞。

(出展: https://www.tohomusic.ac.jp/toho-arion/2020-0825-1534-9.html)

2021年10月 日本音楽コンクール バイオリン部門1位。増沢賞、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞 、岩谷賞(聴衆賞) 受賞。


日本で最も伝統と権威のある『日本音楽コンクール』での優勝、素晴らしいですね。笑顔も素敵ですね。

桐朋女子高等学校音楽家2年生に特待生として在学中。

日本のみならず、世界のコンクールで受賞していますね。

2015年に「題名のない音楽会」に 未来の大器 として出演していたのですね。その後の活躍を考えますと、先見の明がありますね。

これからの更なる日本、世界での飛躍が楽しみですね。

中野りなさん「題名のない音楽会-あの神童たちは今!世界に羽ばたくニュースターの音楽会」(2022年3月19日放送)に出演

かつてこの番組に出演された「神童」たちのその後の成長と活躍に迫ります。彼らを再びお招きし、過去の映像を当時のエピソードと共に振り返りながら、彼らの現在と未来への展望を伺っていきます。昨年日本人初の快挙を達成したあの神童、これから世界への扉を叩こうとしている神童たちの今後の夢とは?

(出展:https://www.tv-asahi.co.jp/daimei_2017/contents/Broadcast/cur/)

出演:沼尻竜典さん、上野通明さん、中野りなさん、谷昂登さん

神童達の演奏がとても楽しみですね。



中野りなさん『パガニーニヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調作品6』

歌心があり、なんて素晴らしい演奏なのでしょう。

中野りなさん『モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 5番 イ長調 KV219』

美しく気品のある音色が胸に響きます。

中野りなさん 『華麗なるポロネーズ第1番 二長調 Op.4』

素晴らしい演奏が心にしみます。