あなたの好きな日本人オペラ歌手ランキング・ベスト3(ベスト20)、笛田博昭さん、森麻季さん、砂川涼子さん、福井敬さん、錦織健さんの順位は?(ららら♪クラブの人気投票ランキングより)

ページコンテンツ

あなたの好きな日本人オペラ歌手ランキング・ベスト3(ベスト20)、笛田博昭さん、森麻季さん砂川涼子さん、福井敬さん、錦織健さんの順位は?(ららら♪クラブの人気投票ランキングより)

NHKららら♪ミュージックと連動した、クラシック音楽のコンサートの魅力等を紹介している「ららら♪クラブ」で、「あなたの好きな日本人オペラ歌手・ベスト3」(上位20位)が紹介されています。
(1番、2番、3番を記入し投票、投票者の男女構成:男性21%、女性79%)

■投票総数でのランキング

1位   笛田博昭さん    (テノール歌手)
2位 森麻季さん     (ソプラノ歌手)(女性オペラ歌手 No.1)
3位 砂川涼子さん    (ソプラノ歌手)
4位 福井敬さん   (テノール歌手)
5位 錦織健さん   (テノール歌手)
6位 佐藤しのぶさん (ソプラノ歌手)(オペラ歌手として、初めてNHK紅白歌合戦に出場(1987年から4年連続出場))
7位 佐藤美枝子さん (ソプラノ歌手)
8位 村上敏明さん  (テノール歌手)
9位 田中彩子さん  (ソプラノ歌手)
10位   宮里直樹さん  (テノール歌手)
11位   上江隼人さん  (バリトン歌手)
12位    濱名さおりさん    (ソプラノ歌手)
13位 岡本知高さん  (ソプラニスタ)(男性ソプラノ歌手)
14位 幸田浩子さん  (ソプラノ歌手)
15位 中丸三千繪さん (ソプラノ歌手)
16位 藤木大地さん  (カウンターテナー歌手)
17位 林美智子さん  (メゾソプラノ歌手)
18位 妻屋秀和さん  (バス歌手)
19位 小林沙羅さん  (ソプラノ歌手)
20位 須藤慎吾さん  (バリトン歌手)

様々な音域の歌手がランクインしています。
(ソプラノ歌手9名、テノール歌手5名、バリトン歌手2名他)
著名なオペラ歌手、若手の注目オペラ歌手もランクインしていますね。

■一番に記入されたオペラ歌手ランキング

1位   笛田博昭さん     (テノール歌手) 
2位 森麻季さん      (ソプラノ歌手)
3位 佐藤美枝子さん    (ソプラノ歌手) 
4位 佐藤しのぶさん    (ソプラノ歌手)
5位 砂川涼子さん     (ソプラノ歌手)
6位 錦織健さん      (テノール歌手)
7位 宮里直樹さん     (テノール歌手)
8位 濱名さおりさん    (ソプラノ歌手)
9位 幸田浩子さん     (ソプラノ歌手)
10位  中丸三千繪さん    (ソプラノ歌手)

1位と2位は変わらず、不動の人気ですね。
ソプラノ歌手7名、テノール歌手3名がランクインしています。
6位までは、投票総数でのランキングと大きな差はないようです。
(濱名さおりさん12位→8位、幸田浩子さん14位→9位、中丸三千繪さん15位→10位)



■日本人オペラ歌手ランキング1位  笛田博昭さん
日本のホープとして世界の舞台で活躍するテノール歌手

名前:笛田博和 (ふえだ ひろあき)
生誕:1978年
出身:新潟県南魚沼郡
学歴:名古屋芸術大学音楽学部声楽科首席卒業、同大学院卒業

第9回マダム・バタフライ世界コンクール及び第50回日伊声楽コンコルソ第1位
2012年フェッラーラ国際コンクール第1位
第20回五島記念文化賞オペラ新人賞 他受賞多数

イタリアをはじめ国内外の舞台でソリストとして活躍。
湯沢町特別観光大使。藤原歌劇団団員。

笛田博昭さん プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』から「誰も寝てはならぬ」

圧倒的な声量、澄んだ歌声に心を打たれます。

笛田博昭さん レオンカヴァッロ:歌劇『道化師』から「衣装をつけろ」

つやのある歌声、オーケストラとのハーモニーも素晴らしいですね。

笛田博昭さん「グラナダ」

パワフルで、高らかな歌声が素晴らしいですね。



笛田博昭さん 歌劇ベッリーニ『ノルマ』からヴィーナスの祭壇へ

(2020年7月7日アップの動画)、素顔の笛田博昭さんが伝わってきます。
力強い、素敵な歌声に感動します。



■日本人オペラ歌手ランキング2位 森麻季さん
日本を代表するオペラ歌手 – 美しい透明感のある歌声

名前:森 麻季(もり まき)
生年:1970年
出身:東京
学歴:国立音楽大学附属小学校入学→国立音楽大学附属中学校→国立音楽大学附属高等学校卒
業。東京藝術大学音楽学部声楽科を経て、同大学院独唱専攻を修了。
その後、ヴェルディ国立音楽院に留学。ミュンヘン国立音楽大学大学院を修了。

1998年、カマイオーレ国際コンクールでオペラ部門と歌曲部門でダブルで優勝。ドイツ歌曲最優秀歌唱者に贈られるベーレンライター賞及び観客の選ぶ最優秀賞を受賞。プラシド・ドミンゴ世界オペラ・コンクールにおいて第3位入賞し、日本人として初めてワシントン・ナショナル・オペラに出演。ワシントン・アワードを受賞。その他、出光音楽賞受賞。ホテルオークラ音楽賞受賞の他、多数の国内外のコンクールで上位入賞を果たしています。

コンサートでは、アシュケナージ、テミルカーノフ、小澤征爾、パーヴォ・ヤルヴィ、ハーディング等の著名指揮者やNHK交響楽団、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルのメンバー、サンクトペテルブルグ・フィル等の内外の主要オーケストラ、ドレスデン聖十字架教会合唱団などと共演しています。

2002年には、3大テノール(ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ)と共演しています。

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の主題歌、NHK『明日へ』東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌う等、幅広いレパートリーで、各方面から絶賛されています。

長年に渡り、多方面で八面六臂の活躍をされていますね。

森麻季さん 『Stand Alone  NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」より』

何度聴いても感動します。森麻季さんの凛とした姿にも、胸が熱くなります。
特に、昨今の厳しい状況で、胸にしみます。

森麻季さん『千の風になって』

なんて優しく、きれいな声なのでしょう。素敵な情景が頭に浮かびます。

森麻季さん『アヴェ マリア』Ave Maria

美しく透明な、至高の歌声に多くの癒しをいただます。



森麻季さん ヘンデル:歌劇「リナルド」より 『涙の流れるままに』

厳しい状況のなかで、素敵な歌声をお届けいただきました。癒しと元気をいただきました。

森麻季さん リヒャルト・シュトラウス:歌曲『万霊節』

至高の美しい歌声をお届けいただき、胸を打たれます。



■日本人オペラ歌手ランキング3位 砂川涼子さん
日本を代表するプリマドンナ

名前 砂川涼子(すなかわ りょうこ)
出身 沖縄県宮古島出身
学歴 武蔵野音楽大学声楽学科首席卒業。同大学大学院修了

第34回日伊声楽コンコルソ第1位、第69回日本音楽コンクール第1位受賞。
第12回R.ザンドナイ国際声楽コンクールでザンドナイ賞を受賞等受賞多数。

新国立劇場「トゥーランドット」リュー・「カルメン」ミカエラ・「魔笛」パミーナ、
藤原歌劇団「ラ・ボエーム」ミミ等出演、「トゥーランドット」リュー、「こうもり」アデーレ等に出演し、聴衆から絶賛を浴びている。

第16回五島記念文化賞・オペラ新人賞受賞。藤原歌劇団団員。

母校、武蔵野音楽大学で非常勤講師をされ、後進の指導にあたっていますね。
とてもキュートで、透明感のある美しい歌声ですね。多くの注目を集めているのもよくわかります。

砂川涼子さん Ryoko Sunakawa プッチーニ:歌劇『トスカ』から「歌に生き、愛に生き」

美しく、素敵な歌声に、魅了されます。

砂川涼子さん  村上敏明さん(オペラ歌手ランキング第8位)『ラ・ボエーム全曲』La Bohème

日本一のミミと呼び名が高いのもうなづけます。演技、美しい声も素敵です。



オペラ『魔笛』ダイジェスト(NISSAY OPERA 2018/ニッセイ名作シリーズ2018)(砂川涼子さん:パミーナの役)

素晴らしい演技と美しい歌声に感動します。

砂川涼子さん 『私の名はミミ,宝石の歌,ばんがむり(沖縄宮古島民謡)』

美しい、のびやかな歌声に癒しをいただきます。