高木凛々子さん キュートな美貌と実力で注目を集めるヴァイオリニスト、年齢、両親は?

ページコンテンツ

高木凛々子さん キュートな美貌と実力で注目を集めるバイオリニスト、プロフィール、年齢は? 両親は?  使用楽器は?
バルトーク国際コンクール2位受賞!

名前:高木凛々子(たかぎ りりこ)
出身:神奈川県横浜市
生誕:1996年9月5日( 2021年3月現在 24歳)
身長:158cm

両親ともヴァイオリニストという、音楽一家に生まれ、3歳からヴァイオリンを始める。

お母さまも忙しかったことより、別の先生に指導を受け、耳から聴いて演奏できる教育を受けたそうです。幼児時代は「みんなの歌」を聞いたり、オペラ好きのおばあ様と一緒にオペラを観る、そういう機会の影響が多かったそうです。

小4からは、毎年コンクールに出場するようになり、レッスンも厳しくなりましたが、小4から二人の先生、中2からまたもう一人の先生に習い、東京藝術大学附属高校に合格。

東京藝術大学音楽学部に進学、卒業後、桐朋学園大学大学院修士課程音楽研究科在学中。

受賞歴

2004年   第6回日本演奏家コンクール小学校の部 第1位。
2005年   第8回全日本ジュニアクラッシックコンクール小学生部門 第1位。
2008年   
第9回大阪国際音楽コンクール 小学生の部 第3位。
              第62回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部 奨励賞。全国大会 第3位。
2009年 第3回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門中学生の部 第2位
2010年 第64回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部 第1位。
津田梅子記念音楽賞を受賞
第20回日本クラッシック音楽コンクール中学生の部  第4位
2014年 第一回ユーロアジアイタリア国際コンクール」第1位
2016年 ルーマニア国際コンクールアンサンブル部門 第2位
2017年 バルトーク国際コンクール第2位及び特別賞を受賞、同年 シュラロ・ミンツ国際コ
ンクール 第3位受賞
2018年 第16回東京音楽コンクール弦楽部門 第2位、聴衆賞受賞
2020年 第89回日本音楽コンクール バイオリン部門 第3位、E・ナカミチ賞受賞
他 多数受賞。

数々の受賞歴があり、すごい実力者ですね。チャレンジ精神も素晴らしいですね。

ソリストとして、又数々の著名交響楽団との共演でも活躍しています。

使用楽器は、黒澤楽器から貸与されている ストラディバリウス「Lord Borwick」(1702年)

高木凛々子さん 両親は? お母様は 読響の美人ヴァイオリン奏者 井上雅美さん お父様も読響のヴァイオリン奏者 高木敏行さん

高木凛々子さんお両親は有名な音楽家。両者とも読売日本交響楽団に所属し、お父様(高木敏行さん)、お母様(井上雅美さん)もヴァイオリン奏者。

お母様(井上雅美さん)は、凛々子さんと同じ、東京藝術大学附属高校を経て東京藝術大学を卒業。凛々子さんの直系の先輩にあたるのですね。スイスに留学後、スイス・ノイシャテル室内管弦楽団で第一奏者を務めるなで、海外でも活躍し、帰国。すごい経歴の持ち主で、美人ですね。美貌も音楽の才能も引き継いでいるのですね。

お父様(高木敏行さん)はヴィオラ奏者でもあります。写真が趣味で、読響の団員さんもよく撮っているそうです。とても上手なので、団員の方で、敏行さんが撮った写真をプロフィール写真に使ってる方もいるそうです。根っからの芸術家ですね。

お母さん(井上雅美さん)と高木凛々子さんの写真。お母さまに似ていますね。



遠藤真理さんの【オケトーク】 両親(井上雅美さん、高木敏行さん)とともに高木凛々子さん出演


優しそうなお父様、そっくりのお母様との出演。興味深いお話が聞けます。2019年8月に読響との共演され、ご両親もその場でオーケストラで弾いていたそうです。ご両親のほうがとても緊張したでしょうね。
高木凛々子さんは、オーケストラの団員として活動するようりも、ソリストとして演奏したい気持ちを持っているようです。 これからの益々の活躍が楽しみですね。

高木凛々子さん『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲』

2017年バルトーク国際コンクールのグランドファイナルの時の演奏のようです。
繊細で美しい演奏に魅了されます。

高木凛々子さん『サラサーテ:チゴイネルワイゼン』

素晴らしい演奏に心が引き込まれます。



高木凛々子さん 『モンティ: チャルダッシュ』

豊かな表現力ですね。胸に沁みます。

高木凛々子さん『サン=サーンス 序奏とロンドカプリツィオーソ』

情熱的で素晴らしい演奏ですね。

高木凛々子さん『クライスラー : 前奏曲とアレグロ』


美しい、素敵な音色にうっとりします。



高木凛々子さん『クライスラー : 美しき ロスマリン』

明るく優雅な演奏ですね。高木凛々子さんの美しきロスマリンは最高ですね。

高木凛々子さん『クライスラー : 愛の悲しみ』

 あ
情感豊かで、素敵な演奏にとても癒されます。

高木凛々子さん『クライスラー : 愛の喜び』


最高の気持ちになりますね。心にとても響きます。



高木凛々子さん『エルガー : 愛の挨拶』


使用楽器は、黒澤楽器店より貸与のストラディヴァリウス「Lord Borwick」(1702年)のようです。優しく、美しくまろやかな音色が、胸に広がります。

高木凛々子さん『バッハ : G線上のアリア』


優しさ溢れる、美しい音色にとても癒されます。何度聴いても感動します。

高木凛々子さん『ベートーヴェン : ロマンス 第2番 ヘ長調 作品50』

華やかで美しい音色に、心が洗われるようです。

高木凛々子さん 『ショスタコーヴィチ:映画『馬あぶ』より【ロマンス】』


とても哀愁のあるロマンティックなメロディー、美しいヴァイリンの音色に時間が止まります。なんて素晴らしいのでしょう。



高木凛々子さん、かてぃんさん『アナと雪の女王よりLet it Go』

即興でのエネルギッシュな演奏に魅了されます。才能溢れる二人の音楽家のコラボが
音楽の素晴らしさを感じさせてくれます。

高木凛々子さん、かてぃんさん『モンティ:チャルディッシュ』

若手を代表する音楽家の最高のコラボレーションですね。楽しそうに演奏されているのを見ると、元気をいただきます。美しく深みがある音色もとても素敵ですね。