廣津留すみれさん ハーバード大学主席卒 バイオリニスト 父親、母親(真理さん)は?『題名のない音楽会』出演

廣津留すみれさん ハーバード大学主席卒 バイオリニスト  『題名のない音楽会』出演  Wiki的プロフィールは? 高校は? 実力は?

名前:廣津留 すみれ(ひろつる すみれ)
生年:1993年
出身:大分県大分市
学歴:大分県立大分上野丘高校卒業、 ハーバード大学主席で卒業後、ジュリアード音楽院修士
課程進学、最優秀賞を取得し、終了。

英語塾を経営する母親(廣津留真理さん)から、0歳から英語を学ぶ。
両親が音楽が大好きで、2歳の終わりからバイオリンを始める。
4歳で英検3級、小学校2年生で英検準2級に合格。

小学校から高校(大分県立大分上野丘高校)まで地元の公立校に通い。卒業後、1学期のみ慶応義塾大学に通い、ハーバード大学に現役で合格。応用数学と社会学を学び、主席でハーバード大学を卒業。

小学校の頃から、ヴァイオリンコンクールで受賞しており、高校進学時に、音楽系の高校への勧めもあったが断り、地元の進学校(大分上野丘高校)に通いました。中学校の頃から勉強との両立を考えていたようです。

徹底的な効率化を集中力で、限定された時間を最大限に活用し、抜群の成果を上げてきました。

高校時代 IBLA国際コンクールグランプリ優勝、副賞でアメリカにコンサートツアーを開催。
その時にハーバード大学を見学。

ハーバード大学は、バイオリンと学業を両立できると確信したことも志望の理由だったようです。

ハーバード大学生時に、授業内容は出来るだけその場で頭に入れ、復習は最低限で行い、バイオリンの練習も、その時間での課題、克服すべき内容を確認し、効率的に行っていたようです。

ハーバード大学在学時に、世界的チェリスト ヨーヨー・マと共演し、プロの道を志すことになりました。

音楽大学の最高峰、ジュリアード音楽院も主席で卒業しました。

卒業後「Smilee Entertainment社」という会社を設立。バイオリンの演奏活動、ゲーム音楽の作曲、執筆、起業家としての活動(音楽プロデューサー、教育コンサルティング、アーティストマネージメント)を行っています。

お母さんと一緒に、毎年ハーバード大学を地元、大分に招き、サマースクールを実施しています。

2021年4月より、成蹊大学客員講師、国際教養大学非常勤講師を務めています。
(授業は全て英語で行われるようです。)

ヴァイオリニスト、音楽家としての活動以外にも、教育分野含め、多方面でも活動され、唯一無二の方ですね。これからの益々の活躍も楽しみですね。

廣津留すみれさん 両親、父親、母親(廣津留真理さん 英語スクール代表)は?

お父様は、サラリーマンのようです。お母様(真理さん)は地元で「ディリーゴ英語教室」という英語スクールを経営しています。すみれさんのハーバード合格もお母さんの影響がかなり大きかったと思われます。

大分県出身の母、真理さんは、英語教師の父のもと、英語に囲まれ育ち、早稲田大学を卒業。翻訳家として生計をたて、イタリア、ドイツなどで生活をした後、大分に戻って結婚し、すみれさんを出産。独特の教育をすみれさんに実践。すみれさんに実践した教育を元に「ひろつるメソッド」を確立。英語教室を起業、これまで1万人以上を指導しています。

2012年から「Summer in Japan」 というハーバードの学生が講師となるサマースクールを大分で開催しています。

独特のメソッド多くの生徒さんの英語力を伸ばし、ハーバードの学生から直接教えてもらい、交流する機会も作られ、貴重な経験をクリエイトしていますね。

お母さんは、教育に関する書籍を出版しています。

(上記を含め、全8冊の著書があります。)

廣津留すみれさんも ハーバード大学での経験を元に著書を出版しています。

(上記を含め、3冊の著書があります。)

独自の経験を多くの人に広め、親子で日本の教育の発展に貢献され、素晴らしいですね。



廣津留すみれさん 母親 廣都留真理さん
ひろつる式『5分で身につく英語動画レッスン』(第1回)

とても勉強になります。「①飽きる1分前にやめます。②音まねします。…」
子供の頃に習いたかったですね。

廣津留すみれさん「題名のない音楽会」(2021年4月10日放送)に出演(鈴木優人さん角野隼斗さんと共演)

「題名のない音楽会」(注目のニュータイプの音楽家を知る休日)(2021年4月10日放送)に日本を代表する指揮者の一人、超マルチ音楽家 鈴木優人さん、YouTuber ”かてぃん”としても有名な角野隼斗さんとともに出演。世界に羽ばたく若き才能二人の演奏が楽しみですね。


番組でも、コンサート付き演奏会で新たなファンを獲得している。
音楽を聴きたい人にもセミナーを、セミナーを聞きたい人にも演奏をという話もありました。「音楽界のみに留まらない広い可能性を持っている」というお話も。

これからの夢として、「音楽というツールを使って世界の問題への関心も広めたい」とのこと。世界で活躍する若きオピニオンリーダーとして、期待したいですね。

廣津留真理さん、廣津留すみれさん 『クリティカルシンキングって何?』

廣都留すみれさんのお母さん、廣津留真理さんとすみれさんによる英語での『クリティカルシンキング』の解説。英語の学習にもなりますし、勉強になります。



廣都留すみれさん 『軽井沢スペシャルオンラインコンサート』


素敵な演奏、映像が心に沁みます。

廣都留すみれさん 『モンティ:チャルダッシュ』

エネルギッシュでゴージャスな演奏に魅了されます。

廣都留すみれさん 『クライスラー:美しきロスマリン』


リモートでの素晴らしい演奏に感動します。



廣都留すみれさん 『紅蓮華- LiSAさん(鬼滅の刃)』

すみれさんのバイオリンの紅蓮華も、テンポがあり、優雅でもあり素敵ですね。

廣都留すみれさん 『中島美嘉さん- 雪の華』


素晴らしい「雪の華」ですね。美しいヴァイオリンの音色が心に残ります。



廣津留すみれさん『アストル・ピアソラ – 鮫』

何てかっこよく、素晴らしいリモートでの演奏なのでしょう。

廣津留すみれさん&小林萌里さん 『フリアン・ペラルタ:フェティーチェ(Julián Peralta: Fetiche)』

素晴らしいバイオリンの音色ですね。心に沁みます。