村治佳織さん 日本を代表する美人クラシックギタリスト

村治佳織さん 日本を代表する美人クラシックギタリスト のプロフィールは? 2018年にデビュー25周年記念作品、全編映画音楽のアルバム「シネマ」を発表

名前:村治 佳織(むらち かおり)
出身:東京都台東区
生年月日:1978年4月14日(42歳)
ジャンル:クラシック
職業:クラシックギタリスト
担当楽器:クラシックギター

父はギタリストの村治昇さん、同じくギタリストの村治奏一さんは実弟
1992年(中学校2年生の時)ブローウェル国際ギター・コンクール(東京)と東京国際ギター・コンクールで優勝
1993年(中学3年生の時)CDデビュー
1994年度、第5回出光音楽賞 を最年少で受賞
1997年、女子聖学院中学校・高等学校を卒業後、フランス・パリのエコールノルマル音楽院へ留学
音楽院卒業後、本格的ソロ活動を開始し、NHK交響楽団をはじめとする国内の主要オーケストラとも共演を重ねる。

2018年、デビュー25周年記念作品、全編映画音楽のアルバム「シネマ」を発表。
『禁じられた遊び』から「愛のロマンス」、『ニューシネマ・パラダイス』から「愛のテーマ」、『シンドラーのリスト』から「テーマ」、『ラストエンペラー』から「テーマ」、『ティファニーで朝食を』から「ムーン・リヴァー」、『第三の男』から「テーマ」他、心に残る数々の名曲を収録。

イタリア国立放送交響楽団の定期演奏会やフランスナント音楽祭に招待される等世界で活躍。

2012年9月、出身地の東京都台東区から「たいとう観光大使」として任命。

村治佳織さん 父、兄、夫、結婚、離婚

父はギタリストの村治昇さん、同じくギタリストの村治奏一は実弟。音楽一家ですね。2歳の頃からギターを玩具の代わりにして育ったようです。3歳から、父昇さんの厳しいレッスンを受け、10歳からクラシックギタリストを福田進一さんに師事。

父昇さんからは、華がある、福田進一さんも、子供の頃から大物と言われています。
ギターの天性だけではない、何かがあったのですね。

1991年(中学校1年生の時)には、学生ギター・コンクールにおいて、全部門通じての最優秀賞を受賞。天才ギタリストですね。しかし陰には並々ならぬ努力があったと思われます。

2014年7月に一般男性と結婚したことを発表しましたが、2019年、2018年に離婚したことを発表。
一流音楽家と一般男性との結婚は難しいのでしょうか。



村治佳織さん『花は咲く』

とても美しい、素敵なギターの音色ですね。心が落ち着きます。

村治佳織さん『第三の男』より「テーマ」

映画音楽の名曲を、素敵な美しい音色で聴かせていただきますね。

村治佳織さん『禁じられた遊び』「愛のロマンス」

哀愁に満ちた名曲を、優しい、素晴らしい演奏ですね。映画のワンシーンが思い出されます。



村治佳織さん『アルハンブラの想い出』

心に染みる、名演奏ですね。

村治佳織さん『「ニュー・シネマ・パラダイス」より』

何度聴いても、感動します。涙が出そうになります。

村治佳織さん 『ハウルの動く城』

素晴らしい演奏ですね。癒しと元気をいただけます。



村治佳織さん 『亜麻色の髪の乙女』

ドビュッシーの名曲を、ギターの美しい音色で聴け、素敵です。

森麻季さん、村治佳織さん『Eyes On Me』

森麻季さんの美しい透明な声、村治佳織さん、日本を代表する音楽家の至高の演奏が心に響きます。



シネマ [ 村治佳織 ]

楽天で購入