天才ピアニスト 上原ひろみさん

世界的ピアニスト 天才、上原ひろみさん、そのプロフィールは?

1979年静岡県浜松市生まれ。

6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学び、音楽にのめりこんでいった。

17歳の時にチック・コリアと共演。1999年にボストンのバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラークと契約

2003年バークリー音楽大学を首席で卒業(小曽根真に次ぐ快挙とのことです。)。同年、アルバム『Another Mind』で世界デビュー。

2008年にはチック・コリアとのアルバム『Duet』を発表。2010年はソロ・ピアノ作品『Place to Be』をリリース(日本国内は2009年発売)し、アメリカのアマゾンのジャズチャートで1位を記録。

2011年には、スタンリー・クラークとのプロジェクト作『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』で第53回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞

2013年にはアルバム『MOVE』の全米発売に合わせ、アメリカで最も権威のあるジャズ専門誌「ダウンビート」の表紙にも登場

2016年4月 上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス名義での4枚目のアルバム「SPARK」が、アメリカのビルボード・ジャズ総合チャートで初登場1位を獲得。

2017年には「BBC Proms」への出演、9月にはコロンビア出身のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・アルバム「ライヴ・イン・モントリオール」をリリース。

日本国内でも2007年の平成18年度(第57回)芸術選奨文部科学大臣新人賞大衆芸能部門を、2008年と2017年には「日本レコード大賞優秀アルバム賞」を受賞。2015年には「フジロックフェスティバル」の最大級のグリーンステージに登場しオーディエンスを熱狂させ、2016年にも「サマーソニック」、「SWEET LOVE SHOWER」、「東京JAZZ」といった大型フェスに相次いで出演し話題となった。

今までに矢野顕子、DREAMS COME TRUE、東京スカパラダイスオーケストラ、熊谷和徳、レキシらとの共演ライヴも行っているとのことです。

今後も更なる飛躍が期待されますね。



演奏も、ジャズも醍醐味を感じますね。

上原ひろみさん YouTube チックコリアさんとの共演

レジェンド チックコリアさんとの共演。とても貴重な瞬間ですね。本当にすごいですね。



上原ひろみさん YouTube 『I’ve got Rhythm』

鳥肌が立つような、名演奏ですね。「私のヒーローの一人である、(観客席にいる)Oscar Petersonにこの曲を捧げる」と言われていますが、とてもかっこいいですね。




上原ひろみさん 夫や子供は?

上原ひろみさんは、2007年9月にデザイナーの三原康弘さんとにご結婚されています。ご自身のシューズブランド「SOSU MIYAHARAYASUHIRO」を手掛け、海外にも出店され、パリコレにも出店されている有名な方です。東京、大阪、香港等にも出店されています。パリコレで奥さんの上原ひろみさんとコラボレーションをされています。子供さんはいないようです。上原さんはニューヨークを拠点に、三原さんは東京を拠点に活動されているようですが、お互い行ったりきたりといった生活をされているようです。旦那さんと過ごす時間は短いと思われますが、お互いを認め合って生活されているようですね。

上原ひろみさんは神の手の持ち主?努力家?

上原ひろみさんは、天才でしょうか?それとも努力家でしょうか?
17歳の時にチックコリアから見出され、チックコリアから100年に一人の神の手の持ち主といわれたとのこと。あのバークリー音楽院を首席を卒業したことを考えますと、天才ですよね。チックコリアや色々な方とコラボされていますし、あのかなり早いストライドピアノは、天賦の才能ですね。しかし、本人も努力は不可欠とおっしゃっていますが、あのアドリブ、引き出しは、天賦の才能と相当の努力の賜物と思われます。



(写真は上原ひろみオフィシャルウェブサイトより)
(ツアー情報については、www.hiromiuehara.com/s/y01/group/list?ima=3935&cd=tour の参照をお願いします。)