細川千尋さん 麗しいジャズピアニスト – 美しいクラシックとジャズの融合

ページコンテンツ

細川千尋さん 麗しいジャズピアニスト – 美しいクラシックとジャズの融合 のプロフィールは? 出身、年齢?

名前  細川千尋(ほそかわ ちひろ)
生年  1988年  (2019年12月現在 31歳)
出身  富山県
学歴  昭和音楽大学大学院修了

幼少よりピアノが大好きで、時間があればピアノに向かっていた。

数々の賞を受賞し、2013年には、スイス、モントルー・ジャズ・フェスティバル・ソロ・ピアノ・コンペティションにて、日本人女性初のファイナリストとなる。

同年11月、地元富山でソロコンサートを行い、モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・かわさきでは、チューチョ・ヴァルデス公演のオープニングアクトを務め、連弾で共演。2014年4月にはアルテリッカしんゆり芸術祭にてソロコンサート、8月にはミューザ川崎シンフォニーホールでガーシュイン/ラプソディ・イン・ブルーをオーケストラと共演。9月、モントルー(スイス)で行われたセプテンバー・ミュージックにソロで出演。川崎市アゼリア輝賞受賞。同年11月21日、全曲ソロピアノ・オリジナル作品のデビューCD「Thanks!」をイノセントミュージックより発売。

これまでに、イタリア・スイス・ベルギーでソロリサイタルを開催。

幅広いジャンルの演奏活動を国内外で行っている。クロスオーバーなオリジナル曲とトークも交えたソロピアノコンサートは、高い評価を得ている。

2016年2月に発表されたセカンドアルバム、「I’m home!」も好評発売中。

音楽と人間とわんこをこよなく愛する音楽家。

昭和音楽大学大学院修了。現在、昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミーに在籍。江口文子氏に師事。

(出展:https://www.chihirohosokawa.com/profile より)

2019年9月に メジャー1stアルバム「マイ・ヴァリエイションズ」をリリース。

ri
(写真は、https://spice.eplus.jp/articles/148719 より)

麗しいピアニストですね。



細川千尋さん Twitter  かわいい愛犬の写真





細川千尋さんのお母さん ピアノの先生、2歳からピアノ

細川千尋さんのお母さんがピアノの先生、お祖母さんがパイプオルガンを弾くという家庭に育ったということです。お祖母さんの時代で、パイプオルガンとは、進歩的な音楽一家ですね。その影響もあり、2歳からピアノを習うようになり、3~4歳くらいから作曲をしていたとのこと。かなり早熟で、天才といいますか、また、環境も大きいですね。



細川千尋さん  ジャズとクラシックの美しい融合
「My variations」(マイ・ヴァリエイションズ)

クラシック音楽から聴き始め、J-POP,R&B,ヒップホップ等色々なジャンルに広がり、18歳のときにジャズに出会ったということです。ジャズへの関心が広がり、オスカーピーターソン、ビル・エヴァンス、キース・ジャレット等聴くようになったようです。
大学(昭和音楽大学)は、クラシック・ピアノ科に入学されたのですが、その頃大学にジャズ科ができ、ジャズ科の講義を聴いたり、ジャズ科との接点が増え、その流れで、モントリオール・ジャズ・フェスティバルに挑戦。2013年のモントリオール・ジャズ・フェスティバルでは、日本人初のファイナリストになりました。

2019年9月にリリースした「マイ・ヴァリエイションズ」では、ジャズとクラシックが交錯している、融合しているという声もありますが、細川千尋さんは、下記のように語っています。

ジャズとクラシック音楽の融合って、今までもいろいろありましたが、私は、今までと違うやり方でミックスさせたいなと思ったんです。クラシックとジャズ、その間を行き来いして、音楽の境がなくなっていくような感じ。それ以外にもたくさんのジャンルはあるし、確かにジャンルという括りはあります。でも、音楽はひとつ、響くか、響かないかですよね。そのシンプルな想いからのスタートです。

(出展:月刊「JAZZ LIFE」2019年11月号)

音楽ライター/ラジオDJの小室敬幸さんは、今回のアルバム「マイ・ヴァリエイションズ」について、下記のように述べています。

彼女の経歴から“半分はクラシックの音楽家”というイメージを持たれがちだが、かつてのグルダのようなクラシック訛りのジャズではない。まごうことなきジャズのフィーリングをまといつつ、クラシックをかっちりと学んでいないと不可能な表現の幅も持つ魅力的なジャズピアニストだ。今回の新譜は活動初期から取り組む“ソロ”、この数年力をいれている“トリオ”、そして将来へ繋がる“弦楽器との室内楽”……と細川のこれまでとこれからが詰まった、名刺代わりとなるような、メジャーデビュー盤となっている。

(写真、記事の出展:https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/23477)



細川千尋さん「サマータイム」(ジョージガーシュウィン)

独特のサマータイムに心が引き込まれますね。新しい世界を見せてくれましたね。




細川千尋さん「Pasion」

すごい存在感と音の広がりですね。心に残りますね。



細川千尋さん「Thanks」

「ありがとう」という気持ちがとても曲に表現されていますね。名曲ですね。

YouTube 細川千尋さん コメント公開『クラシック×ジャズ2020~細川千尋プレイズ・ビル・エヴァンス ラヴェル・ジャズ 』開催に関して




細川千尋さん コンサートスケジュール(2019年12月20日~)

・2019年12月20日(日)
細川千尋クリスマスライヴ
CLASSIC×JAZZ
開演:19:00
場所:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
共演:澤田将弘さん(ベース)、石川智さん(ドラムス・パーカッション)

・2020年1月31日(金)
クラシック×ジャズ2020
細川千尋 プレイズ・ビル・エヴァンス ラヴェル・ジャズ
開演:19:00
場所:紀尾井ホール(東京)
共演:井上陽介さん(ベース)、セバスティアン・カプテインさん(ドラムス)
西江辰郎さん / ビルマン聡平さん(ヴァイオリン)、生野正樹さん(ヴィオラ)、海野幹雄さん(チェロ)

・2020年2月8日(土)
クラシック×ジャズ2020
細川千尋 プレイズ・ビル・エヴァンス ラヴェル・ジャズ
開演:19:00
場所:ザ・シンフォニーホール(大阪)
共演:井上陽介さん(ベース)、セバスティアン・カプテインさん(ドラムス)

・ 2020年2月8日(土)
細川千尋トリオ
開演:15:00
場所:豊田市コンサートホール(愛知県)
【共演】
澤田将弘さん(ベース)、石川智さん(ドラムス・パーカッション)

・2020年4月26日(日)
クラシック×ジャズ2020
細川千尋 プレイズ・ビル・エヴァンス ラヴェル・ジャズ
開演:14:00
場所:富山県民会館
共演:井上陽介さん(ベース)、セバスティアン・カプテインさん(ドラムス)
西江辰郎 さん/ ビルマン聡平さん(ヴァイオリン)、生野正樹さん(ヴィオラ)、海野幹雄さん(チェロ)

(コンサート情報の詳細は、https://www.chihirohosokawa.com/schedule を参照お願いします。)

コンサートの開催が楽しみですね。




細川千尋さん Twitter 『リビングルームコンサート』映像(2020年3月14日)


スペシャルバージョンの動画、とても楽しく、素敵ですね。




細川千尋さん Twitter『ガーシュインのコンチェルト』(2020年3月27日)


昨今の状況のなか、素晴らしい動画をアップしていただき、元気をいただき、ありがとうございます。感謝、感動です。



細川千尋さん 2020 GWインスタライブ4days★Day1★〜映画音楽〜 ピアノ弾いてみた Love Thema From Spartacus, Moon River, Sunfloweru

映画音楽の名曲を素敵なアレンジですね。ももよちゃんがとても可愛いですね。

細川千尋さん 2020 GWインスタライブ4days★Day2ディズニーメドレー美女と野獣メリーポピンズLet It Goアナと雪の女王塔の上のラプンツェルアラジンくまのプーさんピアノ

50分の弾き続けいただき、お疲れ様です。多くの癒しとやすらぎをいただきました。

細川千尋さん 2020 GWインスタライブ4days★Day3ジブリメドレー/Ghibli Medley千と千尋の神隠し天空の城ラピュタとなりのトトロ魔女の宅急便もののけ姫耳をすませば崖の上のポニョ

素晴らしい演奏ですね。厳しい状況のなか、癒しと元気をいただき、感謝いたします。