美魔女ヴァイオリニスト、マルチタレント川井郁子さん、テレビ、ラジオ番組出演

美魔女、セクシー、ヴァイオリニスト、マルチタレント川井郁子さん、プロフィールは? 身長は? テレビ、ラジオでレギュラー番組

出身 高松市 生年月日 1968年1月19日 身長168cm

東京芸術大学卒業。同大学院修了。
2005年より大阪芸術大学芸術学部音楽学科教授。

国内外の主要オーケストラをはじめ、世界的コンダクター チョン・ミョンフンや世界的テノール歌手ホセ・カレーラスなどと共演。ジャンルを超えてジプシー・キングス等のポップス系アーティスト、バレエ・ダンサーのファルフ・ルジマトフ、熊川哲也、フィギュアスケートの荒川静香らとも共演されています。

2005年11月結婚。2006年6月20日、第1子(長女)を出産。産休後、同年9月より演奏活動に復帰。2013年3月離婚。

音楽活動だけでなく、女優としても活動。1998年の映画『絆 -きずな-』では批評家大賞新人賞を受賞。また、1999年放送の連続テレビ小説『すずらん』(遠野凪子主演)に出演している。2011年10月より、『うどん県』という香川県のPRページ内で学芸員役で出演されています。

2013年、『北のカナリアたち』の音楽で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞されています。

大阪芸術大学が所蔵しているストラディヴァリウス(1715年製作)を使用されています。

テレビ、ラジオでレギュラー番組を持ち、テレビでは「100年の音楽」(テレビ東京系PM10:54〜)にて司会と演奏を、ラジオではニッポン放送で「ダイワハウス・モーニングエッセイ 川井郁子ハートストリングス」(AM8:20〜)(関西圏では、AM6:10頃からABCラジオ「朝も早よから 中原秀一郎です」の1コーナーとして放送)のパーソナリティーを務めています。

社会的活動として「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立し、チャリティーコンサートを開いたり、難民キャンプ訪問等の活動もされ、素晴らしい方ですね。

音楽以外にも、女優、パーソナリティ他、各方面で活躍されており、他分野との方ともコラボレーレーションもあり、美人音楽家、ヴァイオリニストの域を超えた、スーパーマルチタレントですね。自分にはとてもできないことですね。この面でも常人ではないですね。



川井郁子さんの元夫は?

川井郁子さんの元夫は、高柳広さんという、整形外科、麻酔科の医学者のようですね。その道では、かなりの実力者で、ノーベル賞候補とも噂されたという話もあります。美人音楽家とお医者さんの組み合わせ、他の音楽家でもその組み合わせもあったと思いますが、スペシャリスト同士、音楽の追求と合わせて、続けていくのは難しいのでしょうか。お互い時間的にもとても忙しいですし、難しいところですね。

かなり色気があり、独特の神秘的な世界に導ていくれます。「嵐が丘」の演奏は、心が震えます。

川井郁子さんは、他の美人音楽家と違い、かなり色気があり、セクシー度も高いですね。脚線美も注目が集まっているといわれています。天は2物以上のものを与えていますね。ヴァイオリンを弾いている時の表情も神秘的で、感情が湧き出てくるような感じです。この表情にもとても惹きつけられます。川井郁子さんの場合は、ヴァイオリンの情感のある音色、音楽、衣装、表情、全てが合わさった最高のドラマで、観客を独特の世界に導くいう感じですね。このあたりも人気の秘訣かもしれません。

演奏も表現力も、心が震えます。

川井郁子さん「死ぬほど愛して」 妖艶ですね。

情感と哀愁にあふれる演奏に引き込まれます。妖艶ですね。




川井郁子さん [嵐が丘.Live.Concert.Tour.2005] Scarlet Letter

とても妖艶で甘美ですね。神秘的なムードもあり、独特の世界に引き込まれます。




川井郁子さん「赤い月」 幻想的ですね。

とても幻想的で、美しいですね。



川井郁子さん 『ひまわり』

感動の動画ですね。このヴァイオリンの音色も心に残りますね。表情もあどけなさが残っていますね。



川井郁子さん&押尾コータローさん 「宇宙のファンタジー」

とても素晴らしい「宇宙のファンタジー」ですね。ダンサブルで心が躍りますね。

川井郁子さん テレビ番組  テレビ東京『100年の音楽』


毎週素敵な演奏が楽しみですね。
テレビ東京 毎週金曜日 21時54分~ BS東京 毎週土曜日 22時54分~



川井郁子さん 羽生結弦選手と共演『ホワイト・レジェンド』


(写真は、川井郁子 オフィシャルサイトより)

今後の活躍も目が離せませんね。